Tatsuya Saito

interactive art director

Born in 1979. Saito explores a new kind of PHYSICAL REPRESENTATION of concepts and imagery by exploiting electrical engineering, mechanical engineering and computer science. While on the one hand Saito delves into technologies, he also explores new possibilities in media expression by probing human beings’ inherent perceptual and cognitive capabilities. He has shown his works at Ginza Graphic Gallery, Ars Electronica Center, SIGGRAPH, NTT InterCommunication Center (ICC), etc. He won a prize at Newyork ADC, D&AD, Laval Virtual, AD STARS, ADFESTS, one show and others. He completed a Masters Degree at the University of California at Los Angeles School of the Arts and Architecture and a PhD in Film and New Media Studies at Tokyo University of the Arts.

齋藤達也 さいとうたつや 作家/インタラクティブ・アート・ディレクター。 1979年生まれ。コンセプトを物理的な機構や形態によって体験化し、表現するということを実践している。カリフォルニア大学ロサンゼルス校芸術学科、東京芸術大学映像研究科修了後、製作と実験の場 スタジオ Abacus を設立。アート・ディレクション、テクニカル・ディレクションを中心として、コマーシャル、プロダクトデザイン、CI、大手企業の研究コンサルティング等に携わる。また、新しい「メディアの使い方」をコンセプトとし出版物を媒体として著作活動を行っている。著書に『指を置く』(美術出版社・佐藤雅彦との共著) 『うごく!カードアニメーション』(コクヨ S&T) 等。人間の知覚や認知の研究に始まりそれを表現物へと具体化する実践をしている。 受賞歴として、文化庁メディア芸術祭優秀賞、NY ADC 金賞受賞、D&AD Pensil 受賞、グッドデザイン賞受賞、one show ゴールド、釜山国際広告祭金賞受賞、アジア太平洋広告祭金賞受賞、および2部門でグランプリ受賞、L’Oreal 色の科学と芸術賞銅賞、フランス Laval Virtual グランプリおよび科学技術賞同時受賞。ARS ELECTRONICA CENTER、TENT LONDON、ジュネーブ現代イメージセンター、P2ギャラリー(台湾)、21_21 DESIGN SIGHT、NTT InterCommunication Center、ギンザ・グラフィック・ギャラリー等国内外で展示多数。東京芸術大学より博士号 (映像メディア学)を授与。